ようこそいらっしゃいませ。モーターホームとは・・・ by ニートRV
ゆめ
を持って
たの
しく
あそ
くるま
のことです

この車はモーターホームといいます。モーターホームとはアメリカやカナダなどの北米で製造販売されている自走式の大型キャンピングカーのことで、そのスケールと装備はまさしく「動く家」です。
また、アメリカやカナダで「RV」と呼ばれるのは、モーターホームやトラベルトレーラーのことをさします。モーターホームはオートキャンプや旅行などでも長期にわたり住宅と同じように快適な生活を過ごすことができる様に設計・製造されているレクレーショナルビークルです。
遊び方は千差万別です。旅行やアウトドアやオートキャンプに。お一人でも、ご夫婦でも、ご家族・お友達誰とでも。
そして、きっと週末が待ち遠しくなります。

モーターホームはあらゆるレジャーに・・・
         ご夫婦で、ちょっと豪華な「くるま旅」     Glamp、グランピング・・・
ウィネベーゴ アスペクトウィネベーゴ フューズ
愛犬とオートキャンプに行こう。      週末は親子でキャンプだ! アウトドアだ!
笑ったりすねたり、かわいらしいワンちゃんたち。いつも家族のみんなとにいたいよね。いっしょに遊んでくれないとストレスがたまっちゃうもんね。お出かけした時も安心できる場所でゆっくり休みたいよね。
みんな家族の愛情をいっぱいもらってすくすくと育ちます。そんな元気なうちの子たちと一緒に出かけましょう。

高速道路のサービスエリアにもドッグランが設置されています。愛犬を連れてのドライブにぜひご利用下さい。


  「僕もキャンプに連れてって。」
「ヤッホー、モーターホームは快適なのだ!」
ウィネベーゴ トレンド
      旅行には「道の駅」と「RVパーク」がとても便利     友人達と過ごす本格的オートキャンプサイト
「道の駅」を利用して旅行のスケジュールを組もう。

ここをクリックすると「道の駅」へジャンプします。

「道の駅」は車で休憩をする場所、地域の特産品の買い物の場、道路交通情報と観光情報の収集そして食事もできます。「道の駅」はモーターホームで旅をする人達にやすらぎと楽しみをあたえてくれます。

また、日本RV協会が推進しているキャンピングカーオーナーや車中泊ファンの皆様に、『快適に安心して 車中泊が出来る場所』を提供するためのシステム「RVパーク」も充実しています。
宇筒原オートキャンプ場


モーターホームの構造と室内は・・・
外壁や天井はファイバーグラスまたはアルミ材が使用され高耐久性と軽量化が図られています。床を含めた全てのパネルには冬の寒さや夏の暑さ対策のため断熱材がしっかりと入れられたサンドイッチ構造となっており、冷暖房機器によって快適に調整された室温の維持がし易くなっています。同時に静粛性も高く、雨天時の天井からの雨音も低減されます。更にモデルによっては窓ガラスも二重になっており防音にすぐれ、外気温と室内温度の差が激しくなる秋や冬季に発生するガラスの結露も防止します。尚、モーターホームの窓ガラスはコーチ(家の部分)も全て自動車用の安全ガラスが取り付けられています。

室内はリビング、キッチン、バスルーム、ベッドルーム等に分かれ、ダイネットシート、ベッド、キャビネット、ワードローブなどの家具類も備わっています。また、フロアカーペットやカーテンも含めて室内で使用される生地は全て難燃材が使用されており火災に対する安全性も高いものとなっています。

家電製品は、冷蔵庫、電子レンジ、ガスレンジ、温水器、FFガス暖房器、ルーフエアコン等が装備されています。そして何時でも何処でもAC100ボルトの電気製品が使えるように大型発電機も搭載しています。キャンプ場の電源サイトではパワーコードをサイトのコンセントに接続すれば電気製品を自由に使うことができます。またコーチ用の容量の大きい12ボルトバッテリーも独立して装備されており、エンジンバッテリーの容量を気にすることなく室内の灯かり等を得ることができます。また、パワーコードを接続すればコンバーター/バッテリーチャージャーから、そして走行中は自動車のオルタネーターにより自動的に充電されます。ルーフに取り付けるソーラーパネル/バッテリーチャージャーもオプション設定されています。

給水・排水系統については、十分な量の水タンクと排水タンクが取り付けられています。水ポンプを回せば場所を選ばずに台所やシャワーそしてトイレを使うことができます。またフルフックアップができるキャンプサイトでは外部水道を接続することにより清水の残量を心配する必要がなくなります。台所のシンク、洗面台、バスタブ下の排水管にはトラップが取り付けられており排水タンクからの生ゴミの腐敗による悪臭の室内への侵入を防止します。トイレはRV専用の簡易水洗式で、汚水タンクには室内に臭いが入り込まない様にルーフまで臭気抜きが取り付けられています。

このように、モーターホームはアウトドアで快適に生活できる装備と機能を満載しています。そしてなにより誰でもがリラックスできる開放的且つ優雅な室内空間を創り出しているのです。最新型のモーターホームはオートキャンプサイトで室内を広げることが出来る「スライドアウト ルーム」機能を持ち、その拡張性と静的性能は格段に飛躍しています。
クラスAの室内透視図サンプル

モーターホーム(RV)の種類は・・・
現在、ニートRVは米国ウィネベーゴ社から「クラスB」、「クラスC」、「トレーラー」を輸入しています。
因みに「クラスC」や「クラスB」とはアメリカRVIA(RV産業協会)によるRVの分類です。【JRVAでも使用されています。】
Class A
Class A
クラスAとは、パワートレインとフレームで構成されるベアシャシー(Bare Chassis or Stripped Chassis)に、コーチビルダーがバスに近い形状でボディーを架装したモーターホームで運転席ダッシュボードから家の部分まで全てコーチビルダーが製作します。
Class C
Class C
クラスCとは、自動車メーカーが供給するキャブ(運転台)付きモーターホーム専用シャシー(Cutaway Chassis)の荷台部分にコーチビルダーが家の部分を架装したモーターホームのことです。
ウィネベーゴ アスペクト室内モーターホームの全幅は約2.5m、全長は6m前半から10mと様々です。そのため室内レイアウトと装備は多種多様なものとなっています。例えば、室内は1ルームとリビング/ベッドルームが分かれている2ルームタイプ。ベッドルームはダブルベッドまたはツィンベッド。リビングのいすはダイネットシートとカウチソファ。運転席の上は収納を優先したキャビネットか就寝スペースを優先したベッド。バスルームもシャワールームとトイレが独立しているドライタイプと一体式のウェットタイプ等があります。

さて、お客様にとって最も快適に過ごせるモーターホームを選ぶコツとはなんでしょうか。それは、ご自分の家族構成を考慮し、且つモーターホームをどのように使うかがはっきりしていることです。クラスAでもクラスCでも、大きくても小さくても、リヤベッドがあってもなくても、それがモーターホームの購入を検討される時に一番大事なことです。
モーターホームは各モデルの持つ仕様のすばらしさと使われる方々の息がピッタリ合った時、最高のモーターホームとなります。「モーターホーム」から「モーターホーマー」そして「モーターホーメスト」へ、どこかで聞いた様な気はしますが・・・。

  クラスB & クラスC & トレーラー
(株)ニートRVは米国のWinnebago Ind., Inc.(ウィネベーゴ工業株式会社)と正規代理店契約を結んでいます。RAM ProMasterベースのクラスBと小型クラスC、Ford Transitベースの小型クラスC、Ford E450ベースの大型クラスC、そして中型クラスのトラベルトレーラーを輸入しています。写真をクリックして各モデルの詳細をご覧下さい。
ウィネベーゴ
US Flag
トラベル トレーラークラスBクラスC
Winnie Drop Minnie 1706FB Travato 59G Trend 23B & 23L Fuse Aspect 30C
ウィニードロップ マイクロミニー トラバト トレンド フューズ アスペクト

  クラスA
クラスAモーターホームは1999年式の米国Winnebago Ind., Incの25フィートモデルを最後に、それ以降は輸入されていません。Coachmen Recreational Vehicle Company製のMirada 280(コーチメン ミラダ)はスポットでニートRV仕様として一時、輸入販売されました。
Winnebago Class A
1997 25RC 1998 25RC 1999 25F
WCF25RC/F

モーターホームの運転は・・・
運転免許自動車の車両総重量が8トン未満、且つ乗車定員が10人以下であれば中型免許(8t限定)で運転することができます。普通免許で乗ることができる自動車は車両総重量5t未満のモーターホームです。
平成19年の道路交通法改正で中型自動車が新設され、自動車の種類が普通、中型、大型と3種類になり、それぞれ対応する種類の運転免許が必要となりました。新制度が適用されたのは平成19年6月2日からで、改正前に免許を受けていた方はその免許の既得権が保護され、改正前と同じ範囲の車両を運転することができます。改正後は中型免許(8トン限定)保有とみなされますので、引き続き8トン未満までの自動車を運転することができます。かつて普通免許を保有していた方の免許種類欄は、普通から中型に変わりましたが、この場合、免許証の条件欄に「中型車は中型車(8t)に限る」との条件が記載されました。「中型車は中型車(8t)に限る」の意味は、車両総重量8トン未満、乗車定員10人以下の自動車をいいます。
そして、平成29年3月12日以降に普通免許を取得された方は運転可能な範囲が狭くなり車両総重量が3.5t未満になりました。また、車両総重量が7.5t未満まで運転できる準中型自動車免許が増設されました。平成19年6月2日以降に普通免許を取得された人は、平成29年3月12日以降に更新すると5t限定準中型免許となります。
詳細は警視庁ホームページ「準中型自動車・準中型免許の新設について」をご参照ください。

高速道路料金高速道路を走行する場合、8ナンバーのキャンピング車の車種区分は「1」の普通車です。

運転席アメリカやカナダ製のモーターホームは左ハンドル仕様です。パワーステアリングが標準装備されていますからハンドルは軽く回ります。また、クルーズコントロールも標準装備されていますから高速道路の長距離運転にはとても重宝します。尚、年式やモデルにより運転席/助手席SRS(補助拘束装置)エアバッグ、またサイドやカーテンエアバッグが装備されているモーターホームもあり、衝突時の衝撃を緩和する安全性が高くなっています。また、レーンキーピングシステム(車線逸脱警報装置)やドライバーアラートなどの安全機能が装備されているモデルもあります。

エンジン基本的に米国製自動車のエンジンはガソリン エンジンです。レギュラーガソリンで大丈夫です。排気量は様々ですが、フォードやシボレー製だと5,700ccから6,800ccの間です。最近は3.6リッターの小排気量ガソリンエンジン搭載車もあります。燃費はモデルや走行条件によりかなり変動しますが1リッター当たり約3.0kmから4.5kmほどです。
そして2016年からフォードモーターが3.2リッターのディーゼルターボエンジンを搭載したモデルを市場に投入しました。低燃費・高出力・クリーン排ガスという優れた技術を持つコモンレールというシステムが組まれています。日本市場にも投入されました。 北米製のモーターホームは、とても「環境にやさしい」のです。米国のカリフォルニア州などでは大気汚染についての規制が非常に厳しいため乗用車と同じくらいの対策が施されています。大型触媒の装着や電子制御燃料噴射装置によりエンジンから出される排気ガスはとても低く抑えられています。

トランスミッション変速機はオートマチックトランスミッションですから運転がとても楽です。車種及び年式により電子制御式のOD付4速、5速、さらに6速もあります。セレクトシフトという手動変速可能な変速機も登場しています。

ブレーキ最近は、制動力が安定している4輪ディスクブレーキが装備されています。また、ESC (横滑り防止装置)やABS (アンチロックブレーキシステム)により濡れた路面や雪道で急ブレーキをかけてもタイヤがロックせず車両安定性と操舵性が確保されているモデルもあります。また、トラクションコントロール、ヒルスタートアシスト等の安全装置も装備されています。

足廻り当社で販売しているモーターホームのフロントサスペンションは独立懸架方式になっています。そのため乗心地、接地性、操縦性、安定性にすぐれています。またFordベースのクラスCモーターホームの後輪はダブルタイヤで許容荷重も余裕があります。タイヤ空気圧モニタリングシステムが装着されているモデルもあります。

その他・維持費等特種用途車キャンピング車の自動車検査証の有効期間は新車新規も含めて2年です。自動車税については、都道府県が税額を独自に定めておりますので、各都道府県の税事務所に詳細をお問い合わせください。


サポート体制について
お客様がモーターホームライフを楽しむためのバックアップは当社がおこないます。
「なるほど、これは安心できる。」「モーターホームってなに?」の段階から、購入の検討へ。オートキャンプや旅行に関する様々なご質問に専門スタッフが応対致します。モーターホームの使用形態と予算に応じた適切な車種選択のアドバイスはもちろん、洗練されたモーターホームのシステム等も十分にご説明致します。

(ここをクリックしてください。)
サポート内容は当社の「トータルケアシステム」をご覧ください。


ニートRV メインメニュー